家族葬の案内はどこまで出すのか

親しい人との別れを家族葬で行おうかと考えている場合は、葬儀社選びを始めどの人に参列してもらうのかなど呼ぶ人の人数をあらかじめ決めておきます。特に参列してもらう予定のない人への案内などはどのように行えばいいのでしょうか。通常の葬儀の場合、生前交流のあった多くの人に案内を送ることが一般的です。家族葬など小規模で葬儀を行う場合は参列してもらう人にのみ、あらかじめ案内を送る事になります。

通常の葬儀の場合は連絡をもらうと駆けつけるものと思っている人は少なくありません。案内をもらったのに、参加しない事に対して相手の人に余計な気遣いをさせてしまう事にもなりかねません。特に限られた人だけで執り行うと決めた場合は、全て終えた後に亡くなった事を連絡するなど、訃報を受け取る側への配慮が必要です。

また、参列してもらう人へもお香典がいらない場合などは案内状にその旨をしっかりと明記するようにします。通常とは違った方法で葬儀を行う場合は、参列してもらう人もそうでない人へも双方へ配慮を欠かさずに行うようにしましょう。

訃報はあらかじめ準備しているものではないため、親戚でも親交のない方へ連絡をしてしまうと、気遣いをさせてしまうだけになる場合があります。そうならないためにも、家族葬など小規模で考えている場合はなるべく親戚だからといっても事前にお知らせなどはせずに、後日改めて報告をするようにしましょう。全て終えたあとに親戚へ報告をする場合は、小規模で行った事の理由などを添えて連絡をすると相手の方の気持ちも治める事ができるでしょう。そのためきちんとした挨拶をする事が大切です。