家族葬は葬儀社との関係が重要

家族葬は、小規模で行う事ができる葬儀の一つの形として定着しています。しかし、そのスタイルも様々あるため葬儀社に相談するときには、自分達の持っているイメージをしっかりと伝える事が必要となります。

一般的なイメージでは、家族葬と聞くと少ない人数で僧侶なども呼ばずにお別れをする方法をイメージする人も少なくありません。最近は僧侶は呼ばずに故人の好きだった音楽を流す、会場の装飾を故人のイメージに合った物や好きだったものを展示するなど、オリジナリティあふれる葬儀をしたいと考えている人も増えています。オリジナルのスタイルで行う葬儀の事も家族葬というくくりにしている事もあるため、自分達がイメージしている葬儀の方法をしっかりと話した上で希望通りの葬儀を行える事を前提に葬儀社選びを進めていくようにしましょう。

家族葬と聞くと参列人数も少なく、寂しいイメージを持っている人もいますが、実際には別れを惜しむ残された家族にとってはアットホームで思い出に残る葬儀になるケースが多くなっています。葬儀と一言で言っても、多種多様になってきている現代です。その方法や費用も様々となっています。いざという時に迷わないためにも、ゆっくりと考える時間がある時に一度検討しておくことも大切です。

また、全て終えた後に予定していた以上の費用の請求があったり、案内などを巡って親族ともめるなど終了した後にトラブルに繋がることもあるでしょう。臨終時は時間がない事が当然と考えて、なるべく早め早めに準備を整えておくようにしましょう。