家族葬では参列者を決める事がスタート

少人数で行える形式として人気の家族葬でまず始めに行う事は、葬儀に呼ぶ人を決める事からになります。家族葬の最大のメリットともいえるのが、参列へ呼ぶ範囲を決める事ではないでしょうか。人数があらかじめ決められるので、料理や会葬返礼品が足りなくなるという事が少ないため、葬儀の時も心配せずスムーズに行う事ができます。

また、参列へ声を掛ける人も生前よく顔を合わせていた人や関わりの深い人がほとんどとなります。堅苦しい挨拶などを抜きにして、故人の思い出話をしたりアットホームな雰囲気で故人を偲ぶ事ができるため喜ばれる人もいます。メリットがあればデメリットもあり、あらかじめ呼ぶ範囲を決める事で、参列したくてもできなかったという人も出てきます。その場合、全て葬儀が終わってからの連絡となります。なぜ知らせてくれなかったのかなど説明が必要になるケースや、後日自宅に弔問に来られる人などもいるので、その対応に追われる事も想定して予定を組んでおくことも大切です。

小規模で行える点が最大のメリットでもありますが、昔からの習慣などを気にしている人などは、葬儀に参列できなかったことを気にする人もいます。その点も考慮して、どの程度まで声をかけるのかをしっかりと遺族で相談してから決める事が大切です。

特に親戚の方などこれからも長くお付き合いしていく人の場合は、あらかじめ参加者に加えておくなど、事前にしっかりと打ち合わせをしておくようにしましょう。また、中途半端に呼ぶ人や呼ばない人が出てしまう事もあるでしょう。その場合はここまで呼ぶという、後々しっかりと説明ができる範囲で区切る事が大事です。